おそらく日本一
なんでもできる封筒屋

ABOUT US

社長挨拶

社長 薮野浩明

封筒工房(登録商標)は緑屋紙工株式会社が運営しています。緑屋紙工株式会社は昭和32年に洋封筒の手貼りからスタートしました。当時は、周囲が見渡すかぎり緑色の畑であったため「緑屋」と名づけました。以来、封筒一筋で製造を続けてまいりました。

60年以上にわたり、様々な封筒加工に携わらせて頂きました。今では別注・特注加工が得意となっています。

また、印刷、箔押し、トムソン抜き、ビク抜き、浮き出し、折加工など各種専門業者さんとも協力し、お客様のご要望(オーダー)に応えられるように努力しております。

ISO9001取得企業です

ISO9001取得

弊社では、お客様へ高品質の商品を安定してお届けできるよう常に改善し、さらに改革に取り組んでいます。
その取り組みの一環として、2018年にISO9001を取得いたしました。

ISO9001の認証を得るためのプロセスそのものが、業務の効率化、品質の向上につながります。
たとえば、各部署ごとに業務を見える化・共有し、そして業務効率の改善に何度も取り組みました。
また、製造プロセスでのムリムラムダを洗い出し改善する、製造スキルを見える化するなどの取り組みも行いました。

もちろん、ISO9001を取得することがゴールではありません。
取得してからが真のスタートだと私共は考えております。

今後もISO9001を基準としてさらなる品質の向上、業務の効率化に努めて参ります。

ミッション

新たなサービスにより新たな市場を創出し、
私たちにまつわる全ての人たちを元気にします。

ものづくりを通して、コミュニケーションを通して、
サービスを提供し私たちに関わる全ての人たちを笑顔にします。

クレド

作業効率

【工夫】

私たちは時間や資源を大切にします。一人一人が時間を意識し、次工程との連携を深め、段取りよくかつ効率よく作業します。

【安全性】

私たちは安全第一と考え作業をしています。身体を資本と考え、安全装置や安全カバーでは防ぎきれない不注意による事故を無くすため、本人の意識レベルを高め作業をしています。

【節約】

私たちは時間や資源を大切にします。エアコンなどの無駄な消費を抑えることにより環境にも考慮しています。

【整備】

私たちは5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)に取り組んでいます。日常の機械メンテナンスや清掃面を意識し日々の作業と同じように大切にしています。

情報収集

私たちは常に情報収集をしています。人やインターネットを通じスピーディに情報提供するとともに、新しい情報をいち早く取り入れています。 常に良い出来事を見つけられるようGOOD&NEWにより心のアンテナを張っています。

自己管理

私たちは自己の行動に責任を持っています。体調管理やモチベーションを維持するために仕事と休日のメリハリをつけています。

チームワーク

私たちは常にお客様に満足して頂けるサービスを心掛けています。ご要望に沿った良い方法を見つけ、隠さず提示しています。心を伝えるための付加価値のあるサービス提供をしていきます。

あいさつ

私たちは人とのつながりを大切にしています。謙虚な姿勢を持ち、社会人としてのマナーや人とのコミュニケーションを大事にしています。

チャレンジ

私たちは常に目標に向かい行動します。常に小さな目標設定しクリアすることで、さらに大きな目標がクリアできると信じ努力し続けます。成長することに喜びを感じ、常に前向きな姿勢で新しい事へチャレンジしています。

会社概要

COMPANY PROFILE

経営理念

経営理念

会社概要

会社名緑屋紙工株式会社
設立昭和37年9月14日
所在地大阪市平野区喜連東5-16-15
資本金1,000万円
社長薮野浩明
従業員数社員40人
所属大阪商工会議所
認定中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づく経営革新計画承認
取引銀行りそな銀行 長吉支店
アクセス地下鉄谷町線「出戸駅」2番出口よりバスターミナルを抜けて徒歩3分

アクセスマップ

弊社の沿革

OUTLINE
1957年 創業 洋封筒製造の下請け加工
1962年9月14日 資本金 200万円
所在地 大阪市東住吉区長吉出戸町363番地
代表取締役 薮野一三二(やぶのいそじ)
1974年11月16日 資本金600万円
1995年12月7日 資本金1000万円
1997年10月25日 代表取締役 薮野浩明(やぶのひろあき)就任
2007年5月1日 インターネット部門発足
2008年10月1日 インターネット部門分社化(株式会社タクセル)