選ばれる理由

OUR ADVANTAGE

封筒工房は、60年以上にわたり封筒加工一筋!
その歴史の中で、様々な業種のお客様から、多種多様な封筒製造のご依頼をいただいています。
様々な案件をこなしており、今では「おそらく日本一なんでもできる封筒屋」と自負しています。
こちらのページでは封筒工房(緑屋紙工株式会社)が選ばれる理由を“6つの強み”という形でご紹介させて頂きます。

【強み①】様々な封筒を製袋できる技術力

別注、特注加工が得意です

カマス貼のグラシン封筒の製作事例
プチ袋の製作事例
洋形封筒の窓加工の製作事例

創業以来、別注(特注)封筒を数多く制作して参りました。別注(特注)封筒とは、既製品の封筒とは異なる仕様の封筒のことです。たとえば、封筒のサイズや紙、窓の形などが既製品とは異なる封筒です。

長年にわたり封筒加工に携わっていると、広告代理店様などから「使用したい紙が薄く(もしくは、厚く)て製袋ができない」といった問題や、「特殊紙を使った制作物の実績がないからお客様に自信をもって提案できない」など様々なご相談をお受けします。

そこで、弊社ではさまざまな紙素材を用いた加工テストを継続して行っています。さまざまな厚み、サイズでの加工、また窓加工や後加工の技術とノウハウを日々蓄積しています。

薄紙・厚紙問わず、封筒やパッケージに加工する技術とノウハウがあるので、お客様の自由度の高い商品開発や企画をサポートできるのが当社の強みの一つです。

別注、特注加工の製作事例

後加工もおまかせ

開封率を高めるミシン目を入れる加工や、蝋引き・箔押しなどの表面加工、穴あけ加工なども承ります。

関連リンク

基本的な封筒加工の紹介

刷本支給も大歓迎です

主に印刷会社様から「印刷は自社で行って、製袋加工をフレキシブルに対応できるところを探している…」といったお声をいただくことが多数あります。
封筒工房では、刷り本支給(印刷物支給)の案件も承っております。

【強み②】封筒製造60年以上の信頼と実績

緑屋紙工株式会社は1957年に創業し、当時は手作業で洋封筒を生産していました。少しずつ製袋機械や断裁機、口糊機械などを揃えていき、機械による生産体制を整えました。

機械や設備などの生産体制を充実させるだけではなく、展開図データの作成や紙のご提案、印刷の手配など、お客様のサポートというソフト面でもご満足いただけるよう心がけて参りました。そして、他社が容易にはマネできない別注封筒の製造案件を積極的に承るようになり、あらゆる別注封筒を製造する封筒加工会社になりました。

これまでにお付き合いさせて頂いたお客様は452社以上。その中であらゆる案件に携わらせて頂き、封筒製造の腕を磨いてきました。これからもずっと、封筒製造のノウハウを高めていきます。

経営革新計画承認企業です

当社は2018年4月12日付けで、弊社が申請した経営革新計画が大阪府より承認されました。“データの自動入力による生産方式のさらなる効率化”を目的としています。今まで以上にお客様のお役に立つ会社を目指しています。

関連リンク

経営革新計画が承認されました

経営革新計画が承認

【強み③】充実の設備と安定した生産体制

紙の断裁から製袋まで、弊社内でスムーズに加工ができるよう、断裁機から製袋機まで幅広くそろえています。
縦型・角型・洋型、それぞれに対応する製袋機から、断裁、角抜きなどの断ち加工専用機、口糊加工機などそれぞれ複数台ずつ所有しています。

設備の写真1
設備の写真2
設備の写真3
設備の写真4

さらに、それぞれの機械に弊社独自のチューンナップ・場合によっては独自の器具を加えることで、難しい案件や大ロットなどにもスムーズに対応しています。

年間1万件以上の加工実績

年間1万件以上の加工実績を誇り、日々品質と生産性・お客様満足度の向上のため創意工夫を行っています。

関連リンク

工場・生産設備紹介

一気通貫した生産が可能です

紙の手配から、印刷、製袋、そして配送まで、封筒加工の入り口から出口まで、一貫してお任せ頂けます。
自社工場には、一色印刷機を始め、断ち抜き機、窓抜き貼り機、各種製袋機、口糊加工機が揃っていますので、当社内で一貫して加工できます。
また、印刷、箔押し、トムソン加工、内職などの協力会社様のネットワークを広く構築していますので、封筒加工に関するあらゆる作業をお任せ頂けます。

関連リンク

パートナー企業様ご紹介

当社が一つの窓口となり、すべて完結するので、品質管理・納期管理に有利です。

ISO9001を取得、さらなる品質の向上に日々取り組んでいます

緑屋紙工では更なる品質向上を目指し、ISO9001を取得いたしました。
品質管理部を設け、生産性の向上、コスト削減を図りつつ、顧客満足度の高い製品を提供できるよう日々取り組んでいます。

ISO9001

【強み④】豊富な窓タガネの保有数

窓タガネの無償ご提供で貴社にかかるコストカット!

通常であれば、定形窓サイズではない場合は新たに窓の抜き型を作る必要があり、非常にコストがかかります。
そこで、少しでもお客様のお役に立てばと思い、弊社が保有している窓タガネを無償でご提供させて頂いております。

800を超える窓タガネを保有

60年以上封筒加工をしており、窓付き封筒を加工する窓タガネ・ロファなどの窓の”抜き型”の保有数が800種類以上になりました。

窓タガネの写真
ロファの写真

弊社の窓の抜き型がお客様のご希望サイズと合えば、お客様の制作費用のコストカットが図れます。
※なお、丸窓のロファ(窓を抜く金具)もご用意しています。

窓の抜き型の写真
丸窓封筒の製作事例

★弊社保有の窓の抜き型はこちらをご覧ください。

封筒用 窓の抜き型一覧

※お客様がご希望される仕様に合う窓タガネ、ロファがあるかどうかは、随時お調べ致します。
お気軽にお問い合わせください。

【強み⑤】小ロット、遠方からのご依頼にも対応

多品種小ロットに対応できるよう、製袋機は縦型・角型・洋型、あらゆる形状専用の製袋機を複数台ずつ保有しています。多品種小ロット案件は得意です。100部程度の小ロット案件も対応致します。

関西圏外のお客様大歓迎です

弊社は大阪にありますが、西は九州から東は群馬県まで、関西圏外のお客様から最近お問い合わせ・ご注文を頂くようになりました。
これまでお取り引きをされていた製袋会社さんが倒産してしまったり、安定して封筒製造ができない、といった理由が多いようです。そのような関西圏外のお客様も大歓迎です。封筒の製造でお困りの際は、まずはお気軽にご相談下さい。

【強み⑥】弊社ならではのサポートサービス

木型の無償ご提供から、原紙への割の良い割り付けのアドバイスまで、ハード・ソフトの両面からお客様をサポートします。

トムソン抜き型(木型)は無料でご提供

別注/特注封筒でエキセン抜きが困難な形があります。
たとえば、ダイヤ貼や角底袋、小さいポチ袋など、トムソン抜きが必要な場合などです。
そこで、弊社では木型(トムソン抜き型)をご用意しております。

トムソン抜き型(木型)の写真

角底袋やダイヤ封筒など、専用の木型が必要な封筒で、弊社保有の木型で事が足りるのであれば、トムソン抜きの木型制作のコストを削減できます。
まだ弊社が保有している木型の数は少ないですが、弊社保有の木型がお客様の希望されるサイズに合えば、お客様に木型を作成して頂く必要がありません。

★弊社保有の木型はこちらをご覧ください。

封筒用木型一覧

面付けなどのデータ作成から、紙や加工のご提案までサポートします

弊社は営業担当者が常駐しており、お客様からのご依頼やご希望に沿って様々なご提案をさせていただきます。

・封筒の展開データ(テンプレート)のご提供や、印刷の際の最適な面付などのご相談
・製品(パッケージ/ステーショナリー)企画の際の、特殊紙や加工のご提案
・現状の商品に変更を加える際に、紙の類似品の選定やリサイズのご相談
などなど。

まずはご気軽にご相談下さい。 どのようなことでもフレキシブルにご対応させていただきます。
また、面付けがよくわからない、印刷データ作成用のテンプレートが欲しいといった場合も当社の営業が親身にサポートさせて頂きます。