上崎

今回は封筒ではありませんが、加工事例ということでトレーシングペーパーにペット窓を貼って作ったポケット窓の一例をご紹介します。

トレーシングペーパーは製袋機や窓貼りの機械に通すのが難しい紙ですが、弊社ではトレーシングペーパーでの封筒加工も可能です。(トレーシングペーパーの性質上、封筒に加工したり窓を加工するのは技術的に難しいのですよ。)

今回ご紹介するのは封筒ではありませんが、トレーシングペーパーにペット窓を貼り付けてケースに仕立てた事例です。
ちなみにこれは、株主さんに株券を発送する為の株券ケースです。

封筒の窓加工(窓抜きと窓貼り)を行う機械にトレーシングペーパーをセットし、ペット窓を貼り付けました。
ペット窓がトレーシングペーパーをはみ出さないように貼る、というのも実は難しいのですが、紙自体が封筒の展開状態よりも小さいのでその点でも実は加工が難しかったりします。
(そのような加工ができるのが封筒工房の自慢です!)

なお、この事例に使用しているフィルムは印刷ができる特殊なペット窓です。
画像はありませんが、この後の工程でペット窓に印刷をしています。

仕様

トレーシングペーパー台紙部分:幅227mm×高さ120mm
窓部分:幅227mm×高さ70mm